けけのいばしょ

いろんなきろく

つづき(2)こいびとのはなし

恋人はすてきなひと

何故そう思うか、自分が選んだから、好きになったから

無口で内気な人が心を開く瞬間はきっと涙をながすとき

彼は過去にいじめにあっていた

 

私は驚いた、慰める方法がない、私も心が痛くなった

「どうして僕のことなんかが好きなの」

ほんとうにすてきなひとは自分がすてきなことに気づかない

私の一目惚れを受け入れてくれた恋人がいまも愛しい

一目惚れは伊達じゃなかった、ほんとうに心から大好きなひとになった

もし1つ願いが叶うなら恋人の辛い過去をきれいに消したい

彼が電話越しに涙を流した時、ありがとうって何度もいっていた

それから彼は彼自身をみせてくれるようになった

傷がついたままの心ごと

そのときからたくさんいろんなところへ行って笑ってきたけど

まだ恋人は謎ばっかりだ

服のセンスから笑いのツボまで

身長が同じだからってすぐにキスをしたがるのもきっと恋人のすてきなところだ