淡い記憶にマドラーを

音楽とか日常書いてます。意識を融解させながら読んでください。